読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

Emacs でよく使うショートカット集

ショートカットキー
WebDAV + SSLでうまくいかないので閑話休題的に入れてみました。 Emacs でよく使うと思われるキーです。emacs -nwの話です。 C=Ctrl、M=Alt or Esc です。保存やコピーとかは割愛。 C-g:入力していたコマンド停止 C-s:検索 C-r:遡って検索 C-/:元に戻す。Undo C-g,C-/:やり直す。Redo C-v:ページ送り M-v:ページ戻る(Altだとメニューバーに行っちゃいます) C-l:カーソルのある行が画面中央に移動。下のC+p、C+nと組合わせて使う C-p:行移動。一つ上の行へ C-n:行移動。一つ下の行へ C-f:カーソルを一つ前に進める(→と同じ) C-b:カーソルを一つ後ろに戻す(←と同じ) C-x+]:ファイルの最後へ C-x+[:ファイルの先頭へ C-M-p、C-M-n:対応する括弧へ移動 C-z:ジョブの中断。fg+Enterで戻ります C-x,C-cemacsの終了 C-x,b:バッファの再開。デフォルトは一つ前に選択していたバッファ。ミニバッファにファイル名を書けばそれが再開される C-x,k:バッファのkill。デフォルトは選択中のバッファ。ミニバッファにファイル名を書けばそれがkillされる C-x,C-b:バッファの一覧表示と操作。ついC-x,1で消してしまってもここから呼び直せます C-x,← or →:バッファの変更。繰り返せばバッファ一覧を順に表示してくれる C-x,2:ウインドウを上下で分割 C-x,3:ウインドウを左右に分割 C-x,1:分割したウインドウを、現在のウインドウのみにする C-x,0:分割したウインドウで、現在のウインドウを消す C-x,C-q:読み取り専用・解除の切り替え M-%:置換。置換する場合はy、そうでないならn。「!」で全て置換。 M-; :M-x comment-regionと同じ。解除もこのコマンドで出来る。 M-p:前のコマンドにさかのぼる(ターミナルの↑) M-n:後のコマンドに進む(ターミナルの↓) M-/:コマンドの予測(コマンド版のターミナルのTab) C-Shift-c:右クリックのコピー(ただし選択はマウスで) C-Shift-v:右クリックの張り付け M-x rename-buffer:バッファのリネーム。shellでこれをやれば複数のshellバッファを一つのターミナルで使える。 C-u,M-x shellバッファ名を指定してから起動。上のやり方より少し楽。 C-x,RET,f文字コードの切り替え。改行コードも指定できます。参考ページ