Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

Apacheの設定

自宅サーバを構築してWebページを表示するためにはApacheというミドルウェアを使用します。 ◆インストール $ sudo apt-get install apache2 ◆確認 インストールが終わったら http://localhost とWebブラウザに入力します。すると「It works!」という表示がでます。これでこれからWebページを作成していくことができるようになりました。 ◆その他Tips Apacheを使う上で重要なことを羅列します。 ○エラーログ ちゃんとWebページを作成したのにうまく表示されない!という場合は何かしらエラーが出ていると思います。 $ less /var/log/apache2/error.log とやってみて、どんなエラーが出てるか確認するとデバッグが早くなります。 ○ディレクティブ設定 「どのフォルダのファイルを表示させるか」や「このページはパスワードをかけたい」などを設定する際に使います。ファイルは $ sudo emacs -nw /etc/apache2/sites-available/default を編集します。 CGIを動かしたい BBSやファイルアップローダなどを実装するときに必要になります。 CGIを使えるようにするを参考にしてください。 SSLで暗号化通信 http:// から始まるサイトのデータは暗号化されておらず、無線LANなどで傍受されるとデータが丸見えになってしまいます。そこで転送データを暗号化する方法がSSLです。SSLを設定すると https:// というアドレスになります。詳しくは http://christina04.blog.fc2.com/blog-category-25.html を参考にしてください。