Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

tarコマンド

圧縮・解凍系コマンドで一番覚えづらいのがtarコマンドだと思います。Linux系では一番使うのに。 ググってたら覚えやすそうなものがあったので紹介を。ほぼコピペ。 まず、必須のオプション(機能指定文字)を選ぶ。 c : Create アーカイブの作成 ・x : eXtract アーカイブの抽出 これに次のオプションをつける。 z : gZip 圧縮・解凍に gzip を使う(もちろん gzip 形式の場合のみ。bz2ならjを使う) ・v : Verbose 作成・抽出時にファイルのリストを画面出力する ・f : File 作成・抽出するファイルを指定する(tar は本来テープメディアのためのコマンド (Tape ARchive) のため、これを指定しないとデフォルトで /dev/rmt0 になってしまう) あわせると、以下。 $ tar czvf hoge.tar.gz hoge1 hoge2 ...   //圧縮 $ tar cjvf hoge.tar.bz2 hoge1 hoge2 ...   //圧縮 $ tar xzvf hoge.tar.gz   //解凍 $ tar xjvf hoge.tar.bz2   //解凍 (c|x)(z|j)vf っていう風に覚えておけば OK ですね。 他に、機能指定文字 t が便利です。 t : lisT 実際には解凍せずに、圧縮されたファイルのリストを表示する たまに、解凍するとディレクトリを作らずにファイルをぶちまけるアーカイブがあるので、先にリストを確認すると安全です。Test の t と覚えると良いです。 $ tar (c|x|t)zvf hoge.tar.gz [hoge1 hoge2 ...] あと、tar で解凍するときに、ディレクトリ(場所)を指定したい場合は “-C” をつけます。 $ tar xvzf linux-2.5.2.tar.gz -C /usr/src 以上です。 ソース: tar コマンドの使い方とオプションの覚え方