読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

Windows7でゴミ箱をタスクバーに置く

デスクトップにはショートカットなど何も置かず、壁紙だけ見える綺麗な状態にしたい人向けの情報です。 その中でちょっと問題になるのがゴミ箱の配置。Windows7から簡単にアイコンをなくすことが出来るようになってますが、見えるところにあった方がファイルを削除しやすいです。かと言ってランチャーで使用するには、ランチャーを一旦常時表示したりしなくてはいけないのでやや手間が増えます。 というわけでそれらの問題を解決すべくタスクバーにゴミ箱を配置します。 ①クイック起動(Quick Launch)ツールバーを作成する タスクバーを右クリックし、ツールバー→新規ツールバーを選んでクリックする ②フォルダのディレクトリを指定する 以下のテキストを、フォルダのアドレスバーへ入力し、フォルダのディレクトリを指定する %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch うまくいかない場合は\Internet Explorerでとめてフォルダを開き、その中にあるQuick Launchを選択してみてください。 ③クイック起動バーを「テキストを表示」と「タイトルを表示」を削除する 右クリックし、「テキストを表示」と「タイトルを表示」のチェックを外す 前述の②まで行うと、タスクトレイの隣に「Quick Launch」と書かれた部分が生じると思います。 そのままだとツールバーのタイトル名や、中にあるショートカットの名前が表示されてしまうので、それを非表示にし、アイコンだけにします。 注意として、「タスクバーを固定する」にチェックを入れていると右クリックしても設定が表示されないので、その場合はタスクバー上で右クリック→「タスクバーを固定」を外しましょう。 ④アイコンのサイズの変更 同様に右クリックしてアイコンのサイズを変えます。大きめのアイコンの方がドラッグ&ドロップするときに使いやすいです。 ⑤スタートメニューの隣に配置 右下だと使い辛いのでスタートメニューの隣へ持って行きます。QuickLaunchのアイコン周りにある仕切りをスタートメニュー側までグイッと持っていきます。もしブラウザ等起動していればタスクバー表示の部分が一旦それで潰されていくようになりますが、それが過ぎると自動的に右へ移動します。 これもタスクバーの固定をしていると移動できないので注意。 ⑥ゴミ箱のショートカットをQuickLaunchフォルダへ入れる これは自動で出来ているのかもしれませんが、私の環境だとなかったので。 ⑦デスクトップ上のゴミ箱アイコンを消す デスクトップ上で壁紙をいじる画面で、左にアイコンの表示設定が出来るメニューがあります。そこでゴミ箱を非表示に 以上です。 ソース Windows7でゴミ箱をタスクバーに配置する方法