読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

GRUBの再インストール

MBRが壊れてしまった、MBMのインストールに失敗してしまった などの場合の対処法です。上記の状態により、ブート画面から先に進めなくなった場合を仮定します。 今回用いる方法は 「中のLinuxを起動して、そこからGRUBMBRへ再インストールする」 という方法です。 必要なのはUbuntuのLiveCDです。 LiveCDを読み込ませていると、最初に「人が大の字になっているマーク」や「キーボードのマーク」が現れるシーンがあり、そこでキー入力をするとメニューが表示されると思います。キー入力をしないとGUIの画面に移行するはずです。 キー入力でメニューを表示させた状態で、「F6」を押すとメニュー下部に以下のようなブートのコマンドが出てきます。 起動オプション file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper initrd=/casper/initrd.gz また右下にacpiの使用云々といったオプションメニューが表示されますが、今回は「Esc」を押してブートのコマンドに着目します。 上記のコマンドの boot=casper を、起動したいパーティションに変更します。私の場合であれば/dev/sda7にしたいので root=/dev/sda7 と修正してEnterを押します。スプラッシュはLiveCDでしょうが、しばらくするとちゃんとHDD内のUbuntuが立ち上がります。立ち上がったらLiveCDは抜いて構いません。 中のUbuntuが立ち上がったらもうあとは楽勝です。私の環境ではMBR/dev/sdaにあるので # grub-install /dev/sda とするだけ。これで使用していたGRUBMBRへ反映されます。あとは再起動すればOKです。 ソース: GRUBの再インストール