Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

phpLDAPadminの導入

LDAPの管理をWeb上で行うツールです。phpMyadminを使ったことがある方はなんとなくわかりやすいかもしれません。 ◆インストール $ sudo aptitude install phpldapadmin 途中設定を求められます。LDAPのベースDNに関することなので $ sudo slapcat して表示される情報を元に入力してください。 ◆設定 $ sudo emacs -nw /etc/phpldapadmin/config.php 以下の4点を編集します。 私の環境を IP:192.168.1.5 DN:"cn=admin,dc=dyndns,dc=org" とすると ①IP # $servers->setValue('server','host','127.0.0.1'); ↓ $servers->setValue('server','host','192.168.1.5'); ②ポート # $servers->setValue('server','port',389); ↓ $servers->setValue('server','port',389); ③DN系 $servers->setValue('server','base',array('dc=example,dc=com')); ↓ $servers->setValue('server','base',array('dc=dyndns,dc=org')); $servers->setValue('login','bind_id','cn=admin,dc=example,dc=com'); ↓ $servers->setValue('login','bind_id','cn=admin,dc=dyndns,dc=org'); ◆Webページにアクセス http://localhost/phpldapadmin/ アクセスして左メニューにあるログインをクリックします。 phpldapadmin_login01.png ログインDNとパスワードを入力します。私の場合は"cn=admin,dc=dyndns,dc=org"なのでそれを入力します。 画像のようにログイン出来ればOKです。左のツリー型のデータが表示されれば成功です。 logon.jpg もしベースエントリがありません。と言われた場合は先程のconfig.php の設定がおかしい可能性がありますので見なおしてみてください。それでもダメなら一度再インストールすると良いです。 ソース: 入門LDAP/OpenLDAP ディレクトリサービス導入・運用ガイド第二版