Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

バーチャルホストの設定 その3(別ドメイン運用)

今回は完全に別のドメインを使用する場合です。今更ですが、今までの手法はすべてNAMEベース(1つのIPで複数ドメインを使用)のバーチャルホストの設定です。 今回は www.example.com www.example.co.jp といった別ドメインでの場合です。 やり方は前回とそこまで変わりません。簡単に言うと ドメインごとにゾーンファイルを作成する。それに応じてnamed.confを少し書き換える だけです。前回の「バーチャルホストの設定 その2(サブドメイン運用)」に引き続いて www.example.co.jp を加えるとします。 DNSの編集 ①named.confの追記 # emacs -nw /etc/bind/named.conf.internal-zones …… # 内部向け正引きゾーン設定 zone "example.com" {      type master;      file "/etc/bind/db.internal"; }; # 追加分 zone "example.co.jp" {      type master;      file "/etc/bind/db2.internal"; }; …… ②ゾーン設定の追加 # emacs -nw /etc/bind/db2.internal $TTL 1D @    IN        SOA    ns.example.co.jp. root.example.co.jp. (              2011043001          ;Serial         1H              ;Refresh 1 hour         30M              ;Retry 30 minutes         1W              ;Expire 1 week         1D              ;Minimum TTL 1 day )         IN    NS    ns.example.co.jp.         IN    MX 10    mail.example.co.jp. @        IN    A      127.0.0.1 ns        IN    A      127.0.0.1 www        IN    A      127.0.0.1 完了したらbind9の再起動 $ sudo /etc/init.d/bind9 restart ③確認 $ dig www.example.co.jp してちゃんと127.0.0.1で返ってくるか確認してください。 Apacheの編集 前回のドキュメントルートフォルダ/home/web/public_htmlを使用します。 $ sudo emacs -nw /etc/apache2/sites-available/default # 最後尾に追記 <Virtualhost *:80>     ServerName www.example.co.jp     ServerAdmin webmaster@example.co.jp     DocumentRoot /home/web/public_html     ErrorLog /var/log/apache2/example.co.jp.error.log     CustomLog /var/log/apache2/example.co.jp.access.log combined     LogLevel warn </Virtualhost> 保存後リロード $ sudo /etc/init.d/apache2 reload ◆確認 http://www.example.com/ にアクセスして「It works」が表示されればOK http://web.example.co.jp/ にアクセスして日付が表示されればOK。 以上です。 ソース: バーチャルドメイン(バーチャルホスト)の設定(DNS) 1台のNTマシン・1枚のNICで複数ドメイン管理