読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

CentOSのVMデータをコピーした際のネットワーク設定

仮想化
VMWareで作成した CentOS のイメージをコピーして使おうとするとネットワークが lo だけになりネットワークにアクセスできなくなります。 これはコピー時にMACアドレスが変更されたことが原因です。 (「コピー」でなく、「移動」を選択すると、MACアドレスは変更されないので問題なく使えます) 今回はその対処法です。 CentOSVMイメージをコピーすると、ネットワークの MAC アドレスが変更されます。 しかしそうなると eth0 で設定されていたMACアドレスと異なるので、eth0 は認識されず、新たなネットワークカードとして eth1 が認識されます。またネットワークの起動スクリプトも以前のMACアドレスのままです。 以上のことから、次の修正が必要です。 ①新たに作られた eth1 の設定を参考に eth0 の設定を修正 ②ネットワーク起動スクリプトを修正 ◆eth0 の設定を修正 $ sudo emacs /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules # PCI device 0x8086:0x100f (e1000) SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="aa:aa:aa:aa:aa:aa", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0" # PCI device 0x8086:0x100f (e1000) SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="bb:bb:bb:bb:bb:bb", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth1"# PCI device 0x8086:0x100f (e1000) #SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="aa:aa:aa:aa:aa:aa", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0" # PCI device 0x8086:0x100f (e1000) SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="bb:bb:bb:bb:bb:bb", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0" 上記のように古い設定をコメントアウトし、新しいMACアドレスの設定を eth0 に変更します。 ◆ネットワーク起動スクリプトを修正 $ sudo emacs /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 古いMACアドレスコメントアウトし、新しいMACアドレスを設定 DEVICE="eth0" #HWADDR="aa:aa:aa:aa:aa:aa" HWADDR="bb:bb:bb:bb:bb:bb" NM_CONTROLLED="yes" ONBOOT="yes" BOOTPROTO=dhcp IPV6INIT=no ①、②の設定を修正したら再起動します $ sudo reboot 再起動後はきちんと eth0 が起動するようになります。 ◆補足 もしコピー後のVMWareライブラリの表示名を変更したい場合は 仮想マシン設定の編集 ↓ 「オプション」タブ ↓ 仮想マシン名 を変更するとライブラリの表示名が変更されるので、コピー元のイメージかコピーされたものかの区別がしやすくなります。 ソース: vmware で centos をコピーするとネットワーク(eth0)にアクセスできなくなる