読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

MySQL5.5 のインストール [CentOS]

CentOS
CentOS6.3 でのインストールログです。 デフォルトのリポジトリだと 5.1 しかないので、5.5 以降をインストールする方法として2通りあります。 ①公式ページから rpm パッケージをダウンロードしてインストール ②MySQL5.5 対応の remi リポジトリを登録して yum インストール それぞれ紹介します。手軽なのは②の方です。 ◆rpm パッケージからインストール 公式サイトのダウンロードで、プラットフォームは「Oracle / Red Hat Linux 6」を選択 MySQL-client ②MySQL-shared ③MySQL-server ④MySQL-devel の順にインストールします。2012年12月現在のバージョンだと MySQL-client-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm MySQL-shared-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm MySQL-server-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm MySQL-devel-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm というファイルになります。ではインストール。 ①MySQL-client # rpm -ivh MySQL-client-5.5.29-1.el6.x86_64.rpmMySQL-shared # rpm -ivh MySQL-shared-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm エラー: 依存性の欠如: mysql-libs は MySQL-shared-5.5.29-1.linux2.6.x86_64 と競合します。 mysql-libs と競合したのでアンインストール # yum remove mysql-libs 再度インストール # rpm -ivh MySQL-shared-5.5.29-1.el6.x86_64.rpmMySQL-server # rpm -ivh MySQL-server-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm エラー: 依存性の欠如: libaio.so.1()(64bit) は MySQL-server-5.5.29-1.el6.x86_64 に必要とされています 足りないようなのでインストール # yum -y install libaio 再度インストール # rpm -ivh MySQL-server-5.5.29-1.el6.x86_64.rpmMySQL-devel # rpm -ivh MySQL-devel-5.5.29-1.el6.x86_64.rpm インストールが終わったら my.cnf の作成 # cp /usr/share/mysql/my-medium.cnf /etc/my.cnf 中の設定は「MySQLの設定」を参考にしてください。 サービスの起動 # /etc/init.d/mysql start # mysql -u root rootのパスワードはないので設定 # mysqladmin -u root password "PASSWORD" ソース: CentOS5のMySQL5を入れ替える CentOS6.2(32bit)にrpmでMySQL5.5.3以降(5.6.5)のバージョンをインストールするのに悪戦苦闘したメモ。 MySQLを入れてまずやること(my.cnfとか) yum でインストール remi リポジトリを登録して、yum でインストールする方法です。 ただその前にepelのリポジトリを登録しないと依存関係が解決されないので注意。また以下のepelのアドレスはバージョンが更新されると使えなくなるので注意。 # rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6 # rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm # rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi # rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm MySQLのバージョンを確認 # yum --enablerepo=remi list mysql mysql.x86_64  5.5.28-3.el6.remi インストール # yum -y install --enablerepo=remi mysql mysql-server こっちのインストール方法ではサービスの自動起動がされないので設定 # chkconfig mysqld on ソース: CentOS6.2にPHP5.3.9とMySQL5.5を導入 RPMforge EPEL ELRepo Remi リポジトリインストール