Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

Go言語環境の構築

Ubuntu14.04でのGo環境の構築方法です。

 

◆事前準備

gitとmercurialが必要なのでインストールしておいて下さい。

$ sudo aptitude install git mercurial

 

◆ダウンロード

http://golang.org/dl/ からバイナリファイルを持ってきます。今回はlinuxなので go1.3.linux-amd64.tar.gz を持ってきます。

$ wget http://golang.org/dl/go1.3.linux-amd64.tar.gz

 

◆インストール

/usr/local/ にファイルを展開します。

$ sudo tar zxvf go1.3.linux-amd64.tar.gz -C /usr/local

 

◆パスを通す

GoではGOROOT、GOPATHの2つのパスを通すことが必須です。

・GOROOT:バイナリファイルの位置

・GOPATH:$HOME/go

がよくある設定です。 .bashrcに以下を追記します。

export GOROOT=/usr/local/go
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin:$GOPATH/bin

ホームフォルダにgoフォルダを作って設定を読み込み直します。

$ mkdir go
$ source .bashrc

GOPATHに src, pkg, bin が入っていきます。人によってはあらかじめフォルダを作ってたりしますが、go getすれば自動で生成されるはずなのでしなくても大丈夫です。

 

vim-goのインストール

Goの開発環境として、Vimプラグインが非常に充実しています。 なのでvim-goを入れることをおすすめします。 NeoBundleを使うので知らない人は「NeoBundleを使う」を参考にして下さい。 .vimrcに以下を追記します。

NeoBundle 'fatih/vim-go'

インストールします。

:NeoBundleInstall
:GoInstallBinaries

インストールが完了したら再度.vimrcを開き次の設定を追記します。これは自動でライブラリを追加・削除するための設定です。※現在は必要ないかもしれないです。

let g:go_fmt_command = "goimports"

  

◆動作確認

適当なテストファイルを作って実行します。test.go とします。

package main

import "fmt"

func main() {
        fmt.Println("hoge")
}

実行してみます。

$ go run test.go 
hoge

 

ソース:

Getting Started ubuntu (Xubuntu) 14.04LTS で golang のインストールと SublimeText3 の設定

Go言語で開発を始める前のvimの設定