Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

MQTTを使ってみる

概要

Pub-Sub型の双方向通信を実現してくれるプロトコルです。

環境

  • Ubuntu 14.04
  • Mosquitto 0.15
  • MQTT 3.1

用語

名称 役割
Broker サーバ
Publisher クライアント。データの送信側
Subscriber クライアント。データの受信側
Topic メッセージをやりとりするチャンネル名

今回は1台で上記を構築します。

インストール

サーバ

$ sudo apt-get install mosquitto

インストールしたらサービスとして自動起動してます

$ sudo service mosquitto status
mosquitto start/running, process 2829

クライアント

$ sudo apt-get install mosquitto-clients

動作確認

トピック名をhelloとしてSubscribeします。

$ mosquitto_sub -d -t hello
Received CONNACK
Received SUBACK
Subscribed (mid: 1): 0

別ターミナルでPublishします。同じトピック名helloを指定してメッセージを付けます。

$ mosquitto_pub -d -t hello -m "hello world"
Received CONNACK
Sending PUBLISH (d0, q0, r0, m1, 'hello', ... (11 bytes))

するとSubscribeの方で受信が確認できます。

Received PUBLISH (d0, q0, r0, m0, 'hello', ... (11 bytes))
hello world

ソース