Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

ESLintを設定する

概要

以前はJSLint, JSHintなどが使われていましたが、最近はplugableなESLintがコードの検証に使われる様になってきました。
今回はその設定方法を簡単に説明します。

環境

  • Node.js 6.6.0
  • ESLint 3.5.0

インストールと設定

npmでインストールします。

$ npm install -g eslint

初回設定をします。

$ eslint --init
? How would you like to configure ESLint? (Use arrow keys)
❯ Answer questions about your style 
  Use a popular style guide 
  Inspect your JavaScript file(s) 

矢印キーを使ってどの形式で設定を作成するかを決めます。今回は対話式にできる一番上のものを使います。そのままEnterします。

あとは質問に応じて進めていきます。

? Are you using ECMAScript 6 features? Yes
? Are you using ES6 modules? Yes
? Where will your code run? Node
? Do you use JSX? No
? What style of indentation do you use? Spaces
? What quotes do you use for strings? Single
? What line endings do you use? Unix
? Do you require semicolons? Yes
? What format do you want your config file to be in? JSON
Successfully created .eslintrc.json file

生成された.eslintrc.jsonは以下です。

{
    "env": {
        "es6": true,
        "node": true
    },
    "extends": "eslint:recommended",
    "parserOptions": {
        "sourceType": "module"
    },
    "rules": {
        "indent": [
            "error",
            4
        ],
        "linebreak-style": [
            "error",
            "unix"
        ],
        "quotes": [
            "error",
            "single"
        ],
        "semi": [
            "error",
            "always"
        ]
    }
}

追加設定

上記の設定の他、個人的に設定したい以下の項目を入れていきます。

  • インデントは半角スペース4つでなく2つに。
  • switch文のcaseはネストさせる。
  • console.logはerrorでなくwarningとして出す。

その他自分でカスタムしたい場合は List of available rules - ESLint - Pluggable JavaScript linter を見ながら設定すると良いです。

{
    "env": {
        "es6": true,
        "node": true
    },
    "extends": "eslint:recommended",
    "parserOptions": {
        "sourceType": "module"
    },
    "rules": {
        "indent": [
            "error",
            2,
            {
                "SwitchCase": 1
            }
        ],
        "linebreak-style": [
            "error",
            "unix"
        ],
        "quotes": [
            "error",
            "single"
        ],
        "semi": [
            "error",
            "always"
        ],
        "no-console": [
            "warn",
            {
                "allow": ["warn", "error"]
            }
        ]
    }
}

動作検証

試しにexpress-generatorで生成したコードに対して実行してみます。

$ eslint .

/Users/jun06t/prog/sample/eslint/app.js
   3:5   error  'favicon' is defined but never used  no-unused-vars
  40:35  error  'next' is defined but never used     no-unused-vars
  51:33  error  'next' is defined but never used     no-unused-vars

/Users/jun06t/prog/sample/eslint/routes/index.js
  5:36  error  'next' is defined but never used  no-unused-vars

/Users/jun06t/prog/sample/eslint/routes/users.js
  5:36  error  'next' is defined but never used  no-unused-vars

✖ 5 problems (5 errors, 0 warnings)

よろしくないとされる部分が指摘されますね。
「これは許容したいな・・・」という場合は先ほどのルール表からno-unused-varsといったエラーの文字列を検索すると設定方法が書かれています。

ソース