読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

備忘録。https://github.com/jun06t

Slackで新規チャンネルが作られたら通知する

概要

チームの人数が増えるとSlackのチャンネルも個々人が作っていつの間にかどんどん増えていきます。
知らずに同じようなチャンネルを作ったりしないよう、新規チャンネルが作成された時に#generalに自動で通知されたら便利だと思い設定してみました。

Zapierを使う

ZapierIFTTTと似た、各種Webサービスを連携して便利に使えるようにするハブのようなサービスです。
フリープランは以下の制限があります。

  • 5つまで連携ジョブを作れる
  • 月に100タスクまで実行できる
  • 同時に3以上連携するジョブは作れない

今回作りたいものは

  • Slack -> Slackのシンプルなジョブ
  • 月に100以上新規チャンネルは作られることはない

という条件を満たしている前提で進めます。

Zapierの設定

では早速設定します。Zapierに登録して、上部メニュにある「MAKE A ZAP!」でジョブを作成します。

TRIGGERの設定

slackを選択

f:id:quoll00:20170205211029p:plain

New Channelを選択

f:id:quoll00:20170205211103p:plain

Slackと連携

Connect a New Accountをクリック

f:id:quoll00:20170205211436p:plain

OAuthの認可画面が開くので、Authorizeを押します。

f:id:quoll00:20170205211643p:plain

先程の画面で選択できるようになるので、次へ進みます。

f:id:quoll00:20170205211711p:plain

既存チャンネルを取得できるかのテストをします。そのままContinueを押してください。

f:id:quoll00:20170205211858p:plain

問題なければ以下のようにSuccessfullが出ます。

f:id:quoll00:20170205211950p:plain

ACTIONの設定

slackを選択

f:id:quoll00:20170205212033p:plain

Send Channel Messageを選択

f:id:quoll00:20170205212324p:plain

先程のSlackを選択

f:id:quoll00:20170205212356p:plain

メッセージの設定

f:id:quoll00:20170205215614p:plain

このような形に設定します。#にチャンネル名を付けてます。
Nameは右上の+ボタンから追加できます。

テストと確認画面

テストでは#generalが指定されます。 f:id:quoll00:20170205215624p:plain

有効化

ジョブの名前を設定してONにします。 f:id:quoll00:20170205213303p:plain

ダッシュボードで確認

f:id:quoll00:20170205213326p:plain

動作確認

チャンネルと作って少し時間が経つと以下のような通知がきます。

f:id:quoll00:20170205205912p:plain

※privateチャンネルは通知されません

ソース