Carpe Diem

備忘録

JWT

JWTの署名検証で使う公開鍵をX.509証明書で管理する

概要 JWTをアクセストークンとして利用する場合、署名(秘密鍵)は認証サーバで、署名検証(公開鍵)はリソースサーバで行うのが良いです。 そのため認証サーバは公開鍵をリソースサーバに公開する必要があります。 Googleなどの大規模サービスを見ると、生…

セキュアなトークン管理方法

概要 クライアント↔サーバ間の認証・認可情報としてのトークン管理はWebサービスとしては必ずつきまとうものですが、一方できちんと実装しないとセキュアに管理はできません。 今回はそのトークン管理方法の一例を紹介します。 要件 今回の主な要件は以下で…

GolangでJWTの具体的な実装

概要 以前JWTを認証用トークンに使う時に調べたこと - Carpe Diemで紹介した内容の具体的な実装の紹介です。 環境 golang 1.8.1 署名アルゴリズムと鍵長は以下とします。 署名アルゴリズム 鍵長 RSA-SHA256 4096bit 成果物 今回の完成形はこちら github.com

JWTを認証用トークンに使う時に調べたこと

概要 JWTを認証用トークンに使う時に調べたことをまとめます。 JWTとは JWTはJWSやJWEの構造の中にエンコードして埋め込まれるJSON形式のclaimのセットです。 一般的にはJWS形式のJWTが使われるのでそれを前提に進めます。 JWS形式のJWTは以下のフォーマット…

JWTを使ってGoogleAPIのアクセストークン取得する

JWT

概要 GoogleAPIを使う際、多くの場合は「ユーザごとに認証させてアクセストークンを発行し、リクエストに利用する」という流れですが、APIによってはわざわざユーザ個別にアクセストークンを発行させる必要がないケースもあります。 そんなケースでは「Servi…